債務整理

2013年3月 8日 金曜日

信用情報について(2)

こんにちは。大阪市中央区の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

信用情報関係の続きです。

信用情報機関が3つあることを申し上げましたが、それぞれ情報開示に必要な情報が異なっています。
現在の住所と電話番号はどれも必須ですが、信販系は過去の電話番号の履歴、契約した当時使用していた電話番号を聞いてきます。過去の住所は聞いてこないので昔の電話番号がわからなければお手上げです。
サラ金系、銀行系はどちらも過去の住所と電話番号聞いてきます。こちらは過去の住所・電話番号どちらかあれば情報は出るようです。

これらを調べることによって今まで督促が無かったとしても、将来督促されるおそれがあるものの有無がわかります。
これを見て対策を考えるというのも一つの方法だと言えます。
これら3社はCIC(信販系)、CICC(サラ金系)、全国銀行個人信用情報センター(銀行系)と呼ばれます。
郵送での情報開示は手数料1,000円、直接窓口は500円と取りやすい金額になっています。
知っておいて損はない情報だと思います。

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所