成年後見

2013年4月23日 火曜日

成年後見の種類と違いについて

こんにちは。大阪市中央区の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

今回は成年後見のお話をします。
当ホームページでもご紹介させて頂いていますように、成年後見には本人の判断能力の程度によって3つの類型、判断能力の低い順に後見、保佐、補助があることはご存知かと思います。

類型のうち、後見は本人にほとんど判断能力が無い場合に適用される類型で後見人がすべて本人のために行うのに対し、保佐、補助は本人に一定の判断能力が認められ、その能力を超える事態に遭遇した場合、具体的には施設の入所契約など詳細な事項が含まれているときに本人をお助けしてその名のとおり保佐・補助する保佐人・補助人が選任されます。

保佐人・補助人は本人の意向をうかがい、意見を尊重しながら身上看護・財産管理するところに注意が必要です。
勝手にすることは事前に代理権を付与された事項を除き原則として許されません。

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所