相続・遺言

2013年4月17日 水曜日

相続財産及び債務の調査について

こんにちは。大阪市中央区の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

今回はホームページの相続のところで相続が発生したが、何から手をつけていいかわからない?ということについて話したいと思います。
相続すると一口に言っても、一番に思い浮かべるのは不動産の名義を変えないといけないということが挙げられるかと思いますが、名義変更だけではありません。
財産の中には現金、預貯金、株式などの有価証券、解約返戻金のある保険など資料が残っているもので特定するほかに被相続人が生前に所持していた、加入していたという話や主な行動範囲から周辺にある金融機関などに照会をかけるなど様々な調査をしていく必要があります。

また、債務についても借用書があるものは格別、これも生前の話でどこから借りていたという話を手がかりに聞いていき、さらに以前話しました信用情報機構に相続人として照会することも必要となるでしょう。
相続が開始した後の3ヶ月は意外と早く過ぎてしまうものです。

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30