成年後見

2013年6月12日 水曜日

成年後見人のする仕事

こんにちは。大阪市中央区の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

今回は、成年後見人の話でホームページの記載の補足をします。

後見制度は、大きく分けて身上看護と財産管理に分かれます。
身上看護は文字通り被後見人の身の回りの世話をすることで、財産管理は被後見人の不動産、重要な動産、預貯金、有価証券などについて必要最小限度での管理やお金の入出金を行うことを言います。

身上看護は具体的な作業、食事や入浴介助、着替え他ありますが、これを後見人自身がしなければならないというわけではありません。
本人にとってどのやり方、方法が一番ふさわしいかを考えて必要なサービスなどを適材適所に配置し、全体の流れを把握して被後見人の生活をスムーズに行うことに後見人の存在意義があります。(続く)

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所