贈与・売買

2013年8月20日 火曜日

名義変更をする目的(原因)(4)

こんにちは。大阪市中央区の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

今回も前回に引き続き、もう少し名義変更をする目的について話したいと思います。
名義変更の原因には様々なものがあります。

日常的にはないものとして会社設立や増資時の現物出資というのがあります。
これは会社の財産、資本というのは基本的に金銭であるわけですが、場合によってそれと同等の不動産などで金銭の代わりに払い込みをして株主になったりする手続きのことを言います。
その場合に会社に名義変更することになります。

さらに特殊なものとして不動産を取得する際に代理人を立て、その代理人名義で不動産を取得した後でさらに委任者名義に名義変更することもあります。

他に別のコラムで成年後見の話をしておりますが、後見人の家庭裁判所の報酬付与の審判でめぼしい現金部分が無い場合で不動産がある場合に不動産を付与する審判というのもあります。

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所