成年後見

2014年3月20日 木曜日

成年後見人の選任について(2)

こんにちは。大阪市中央区・心斎橋の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

前回に続き、成年後見の話をしたいと思います。

成年後見開始の申立書は所定の書式があり、必要書類もいろいろあること申し上げました。

まず申立権者(4親等以内)と後見してもらう人とのつながりを示す住民票・戸籍謄本関係が必要になります。
これだけでも初めて戸籍を取ろうとする方はここでどうしたらいいかわからない場合もあるでしょう。

医師の診断書も所定の書式があります。
この書式は家庭裁判所で用意されたものですが、裁判所が必要とする情報が書かれるものになっています。
診断する医師は精神科の先生が望ましいですが、かかりつけの医師でもかまいません。
そして後見の申立てをするに際し、どのように診断書を書いてもらうのか、ここにもノウハウがあります(続く)。

※成年後見のことでご不明点・お困り・お悩みがおありでしたら、お気軽に当事務所までご相談ください。初回無料で対応いたします。

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所