債務整理

2014年4月10日 木曜日

借金の督促状を受け取ったら

こんにちは。大阪市中央区の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

今日は債務整理の話で借金を督促する通知について話したいと思います。

サラ金などで借入をし、途中まではちゃんと返済期日に返していたのだけれども、仕事が無くなったりして予定していた一定の収入が減ってしまって支払いが滞り、催告が来ても無視してしまう状態になってしまうケースはよくあります。
さらにその状態を放置していると、借入先によっては、自宅まで訪問集金に来たりする場合もあります。

結論としては放置していても利息や損害金が膨らむだけで何の解決にもなりません。
借金の督促状はしばらく何回か通知がされた後、支払督促や通常の訴訟で貸金返還請求といった裁判所の手続に変わります。
本当にする場合は容赦なくされます。

でも、ご安心ください。
司法書士などの専門家であれば、適時に適切な対応やアドバイスをすることができます。
費用の面も国が法律費用を立て替えて支援する法テラスの制度がありますので、着手金が無いからといって臆する必要はありません。

まずは状況を把握して対策を立てますので、借金問題のことでご不明点・お困り・お悩みがおありでしたら、お気軽に当事務所までご相談ください。初回無料で対応いたします。

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所