相続・遺言

2014年11月16日 日曜日

遺言をすべきときとは?

こんにちは。大阪市中央区・船場の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

これまで遺言の話をいろいろしてきましたが、いざ具体的に遺言をする必要に迫られる、しておかなければ後日相続が開始したときに後悔する、不利益をこうむる場合はどういうケースなのか、それを順番に話していきたいと思います。


想定される主だったケースは以下の通りとなります。

①婚姻している夫婦で子ども(養子含む)が全くいない
②内縁の夫もしくは妻がいる場合
③婚姻歴があり、先妻(先夫)に子どもがいて後妻(夫)が健在の場合
④子どもが複数いて、そのうちの一人が同居・つきっきりの介護をしている場合
⑤相続人が不存在(行方不明、もともといない)の場合
⑥不動産しか遺せるものがない場合

実際にそれぞれのケースでどういったことが予想されるか検討してみます(続く)。


※相続登記・遺言等の名義変更のことでご不明点・お困り・お悩みがおありでしたら、お気軽に当事務所までご相談ください。
初回無料で対応いたします。

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30