成年後見

2015年2月 8日 日曜日

後見制度支援信託について

こんにちは。心斎橋・船場の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

今日は成年後見の話をします。

成年後見制度も創設されて10年以上経ち、一定の認知はされてきていると思います。
統計を見ると、成年後見人の占める割合として親族後見人が圧倒的な比率で占められているのがわかりますが、その結果、被後見人の財産を流用・着服が沢山見受けられ、それを防止するために家庭裁判所では被後見人の主だった金融資産を信託銀行と契約して信託し、あらかじめ必要な費用しか支出できないようにして被後見人の財産を守る後見制度支援信託を導入することとしています。 (続く)。

※成年後見申し立て・任意後見契約・遺言等の名義変更のことでご不明点・お困り・お悩みがおありでしたら、お気軽に当事務所までご相談ください。初回無料で対応いたします。

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所