相続・遺言

2013年8月20日 火曜日

名義変更をする目的(原因)(4)

こんにちは。大阪市中央区の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

今回も前回に引き続き、もう少し名義変更をする目的について話したいと思います。
名義変更の原因には様々なものがあります。

日常的にはないものとして会社設立や増資時の現物出資というのがあります。
これは会社の財産、資本というのは基本的に金銭であるわけですが、場合によってそれと同等の不動産などで金銭の代わりに払い込みをして株主になったりする手続きのことを言います。
その場合に会社に名義変更することになります。

さらに特殊なものとして不動産を取得する際に代理人を立て、その代理人名義で不動産を取得した後でさらに委任者名義に名義変更することもあります。

他に別のコラムで成年後見の話をしておりますが、後見人の家庭裁判所の報酬付与の審判でめぼしい現金部分が無い場合で不動産がある場合に不動産を付与する審判というのもあります。

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所 | 記事URL

2013年8月17日 土曜日

名義変更をする目的(原因)(3)

こんにちは。大阪市中央区の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

今回も前回に引き続き、名義変更をする目的について話したいと思います。
前回まで売買に関連した名義変更の原因について述べてきましたが、それ以外の原因で名義変更する場合のうち、よく耳にするものを挙げてみます。

例えば、離婚時の財産分与で不動産の名義を変更するもの、相続する際に遺言などで本来の法定相続分を侵害されているため法律上取り戻すことができる遺留分減殺請求権を行使した名義変更などがあります。
これらはその行為をするだけで効力が発生しますが、第三者にはわかりませんので、登記をすることによって公示することになります。
逆に登記をしないと、先に第三者に名義変更されてしまった場合、一定の事由を除き対抗できないこととなります。
登記は速やかに現在の事実を反映させることが重要です。

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所 | 記事URL

2013年8月14日 水曜日

名義変更をする目的(原因)(2)

こんにちは。大阪市中央区の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

今回も前回に引き続き、名義変更をする目的について話したいと思います。

前回は売買に関連して名義変更する理由、すなわち原因について述べましたが、売買に関連する原因はこれ以外にも色々あります。
その中で対価を得たり、与えたりするものとして不動産の所有者が複数人であるときに行われる共有物分割が典型例ではないでしょうか。
これは持分を他の共有者に譲渡したりして所有者の構成もしくはその所有する比率が変わるというものです。

さらにこれが相続を原因として共同所有者になった場合において、共有物分割を行うと遺産分割という原因になります。

状況が異なると実質は同じ名義変更でも登記の原因は変わってきます(続く)。

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所 | 記事URL

2013年8月 8日 木曜日

名義変更をする目的(原因)

こんにちは。大阪市中央区の山田司法書士・土地家屋調査士事務所の山田です。

今回は、名義変更をする目的について話したいと思います。

通常、名義変更をすることが必要になるのは、不動産を売却したり、贈与したり、代替わりして相続で登記することが典型例になるかと思いますが、それ以外にも名義を変更する場合があります。

一つの例として譲渡担保というのがあります。
これはお金を借りる際、通常は不動産に担保をつける抵当権の設定をして、支払えなくなったときに競売して不動産を手放す方法を取るのですが、競売費用が相当かかりますのであらかじめ名義を債権者に移してお金を借り、完済したら名義を元に戻すという方法になります。
抵当権と同じく、返済中も自分で使用収益することができます。

この場合の名義変更の原因は売買などではなく、譲渡担保とはっきり登記簿に公示されることになります。(続く)

投稿者 山田司法書士・土地家屋調査士事務所 | 記事URL